文字サイズ 小 中 大
サービスステーション検索 サイトマップ お問い合わせ

ダイアモンドキーパー

ダイアモンドキーパー

こんな方におすすめ

  • 新車、車検時のお車に特におすすめ。
  • 撥水効果がお好みの方。
  • しっとり、深い艶がお好みの方
  • 普段のお手入れを洗車だけでとお考えの方。

ダイヤモンドキーパーとは

ダイヤモンドキーパーは、新車時の輝きを凌駕するツヤと濃厚な発色が得られ、強い撥水力で粒々の水玉ができる最先端の技術と最新鋭の撥水ボディガラスコーティングです。
  • 強烈なまでの保護能力と輝き。
  • 強い撥水力。
  • ハイブリッド効果でとんでもなく深い艶が得られる。
  • 水シミの固着を防止できる。
  • 半年から1年ごとのメンテナンスで5年間耐久。

ガラス被膜の特長をより強化するレジン被膜

「ガラス被膜」が持つ独特の「深いツヤ」と「発色」を「レジン被膜」がハイブリッド効果でより上質に強調します。そこにダイヤモンドキーパーの強い撥水角にレジンの「すべり」が加わり、真ん丸い水玉がコロコロとボディを滑り落ちます。

ボディガラスコーティング全般の宿命的弱点であった「水シミ」を徹底的に防止、ハイブリッドの「レジン被膜」で根本的に解決しました。

ダイヤモンドキーパーを施工すると

特殊なガラス被膜とレジン被膜が実現させた輝きと耐久性、無機質なガラスである二酸化ケイ素(Sio2)が撥水基であるフッ素(F)とナノ(100万分の1ミリ)のレベルで結晶化し特殊な方法で塗装の表面に定着します。(図1)
そのため車のボディ全体がガラスで覆われた形になります。また他のコーティングと比べ非常に小さい分子が塗装の凹凸面に入り込みやすい性質を持っているため密度の高いコーティング被膜になります(図2)
定着したガラス被膜の上に「犠牲被膜」として強撥水性の特殊なレジン被膜を重ねることでさらに汚れからボディを守ります。このレジン被膜は水シミの付着を軽減させる効果も持ちます。この異なる2種類の被膜を合わせハイブリッド構造の被膜が完成します。(図3)

施工について

私たちキーパープロショップの施工スタッフは、全国各地のキーパートレーニングセンターで技術検定を取得し、最新の技術と知識を身につけています。
まず洗車で、ボディに付いている汚れを落とします。特殊な汚れなどは、専用の洗車方法で落としていきます。(鉄粉・水垢・虫汚は別料金です)
ポリッシャーよる丹念な磨き込みで下地処理作業を行います。
ダイヤモンドキーパーをボディに塗布、コーティングを行い、専用のクロスで丁寧に拭き上げます。最後にハイブリッドレジンを塗布し、仕上げます。
キレイになったかどうかをチェックし、洗い残しが無いことを確認して完成です。

普段のお手入れ

優れた防汚性により、砂やほこり、油などの汚れが付着しにくく、水洗いだけで簡単に洗い流すことができます。
特殊なワックスや洗剤は一切必要ありません。
もし、どうしても落ちない汚れが付いてしまった場合は無理に取ろうとしないで施行店にご相談下さい。
※無理に擦ると被膜損傷の原因になる恐れがあります。

メンテナンスについて

表面の「犠牲被膜」であるレジン被膜は外部からの汚れなどで少しずつ劣化してしまい輝きを失います。6ヶ月〜1年ごとに繰り返しメンテナンスをすることで初めて施工した時のような輝きを取り戻すことができます。