SS販売部門

勤続
年数
入社8年
所属 東日本宇佐美 
千葉茨城販売支店 
16号柏隧道店 所属
役職 副店長

大卒
入社

高校1年生から大学4年生までの7年間、宇佐美でのアルバイトをしていた。そのまま新卒採用で正社員に。アルバイトを含めると15年目。4つのサービスステーションを経験し、現在の店舗では副店長を勤めている。1歳6ヶ月の子供と遊ぶのが最近の幸せ。

宇佐美で働いていく
将来の自分が
想像できた。

どのような経緯で宇佐美で働くことを決められたんでしょうか。
高校生の時から、車やバイクに興味があり、せっかくバイトするなら車やバイクに携われる仕事がしたいと思っていてアルバイトを探していました。そんな時に、たまたま家の近くにアルバイトを募集している宇佐美のガソリンスタンドがあって応募したのがはじまりです。「大手である」「時給が高い」というところも魅力的でしたね。
そのまま正社員になられたということでしょうか。
僕も大学4年生の時に就職活動は人並みにやっていました。宇佐美でのアルバイト経験を活かし販売職や営業職などのお客様とコミュニケーションがとれる職種で探していたのですが、色々な企業説明会にも積極的に参加しているうちに「このまま宇佐美で社員になったほうが楽しいし自分にはあっているな」と思い始めて。

お客様もスタッフも含め、色々な人と関わりを持ててコミュニケーションが取れるサービスステーションでの業務にとてもやりがいを感じていましたし、アルバイトを通して自分のやりたいことがいつの間にか宇佐美鉱油になっていたんですよね。だからこのまま宇佐美で働こうと決めたんです。

「当たり前」の
大切さと難しさ。

現在の仕事内容を教えてください。
サービスステーションで副店長をしており、お店全体の管理はもちろんのこと、他のスタッフと同じ様に基本的な接客業務全般もしています。みんなの目標・お手本となれるよう日々努力しています。お店の管理全般は、スタッフのシフト管理から、備品の管理、商品の在庫の管理、売り上げの管理など、業務は多岐に渡っています。
副店長ならではの難しさややりがいはありますか。
実は今、副店長になってまだ1年半なんです。管理する側になってから改めて「仕事は自分で作るもの」だなと痛感しました。今までは指示されたことをやる側でしたが、サービスステーションをよりよくしていくためにみんなを先導していくことへの責任とやりがいを感じます。

あとは、人の上に立つ立場として覚えることが増えました。でも覚えることがたくさんあるってことは、飽きないってことだと思うんです。大変で難しい事もたくさんありますが、新しい経験や知識に触れられるのが、とても新鮮で楽しいです。
人材を育成する上で大切にしていることを教えてください。
「全員が当たり前のことを、当たり前にできるように」ということを目標として育成をしています。

皆さんの中には「当たり前のことは当たり前にできて当然」と思う人もいるかもしれないですが、これってものすごく難しいことだと思うんです。「元気で大きな声で挨拶をする」「汚れてるところを見つけたら綺麗にする」「使ったものは元に戻す」「人の気持ちに寄り添ってコミュニケーションをとる」これって当たり前なことだと思いがちですが、人それぞれ育ってきた環境が違うので、価値観も基準も違って当たり前だと思っています。日々小さな事から積み重ねていって当たり前を本当に当たり前にできる、そんな人材を育てて行きたいです。
やはり椿さんも最初は苦労されたんでしょうか。
そうですね。僕も最初は苦労しました。特に、人の気持ちに寄り添ってコミュニケーションをとることは苦戦しましたね。僕は直感型で思ったことをズバッと口に出してしまうタイプだったので、自分が気づかないうちに相手を傷つけてしまったなんて事もしばしばありました。

その度に先輩たちにご指摘いただいて、もう親より教育をしていただいたんじゃないかってくらい色々なことを教えてもらいました。特に新入社員の時配属された店舗の副店長には大変お世話になりました。

アルバイト時代を含めると、宇佐美に入ってからもう15年が経ちましたが、ありがたいことに教育する立場になった今でも、周りの方々から勉強させていただくことが多いです。上司、同僚、後輩問わず、周囲を尊敬しあえて見習える環境があるということそのものが本当にありがたいことだとしみじみ思いますね。
宇佐美で働くことの楽しさを感じる瞬間を教えてください。
商品の特別なイベントやキャンペーンがある時には、社員だけでなくアルバイトやパートのスタッフも一緒に目標に向かって一丸となって頑張っています。どうすれば商品の良さがよく伝わり売り上げが伸びるかを考え、目標の販売数を決めて、事前準備をして当日に臨みます。全員で協力して目標が達成できた瞬間は、やっぱりやり甲斐を感じますし、さまざまなスタッフとコミュニケーションを取るいい機会だなと思っています。

それに、目標を達成したら会社から報酬金がいただけるんです。その報酬金でみんなでちょっといいご飯を食べにいったりとか。最近は、ちょっといいお弁当をお店に頼んでみんなで食べたりしています。

頑張った後は店舗のみんなで労い合う。そんなコミュニケーションをとる機会が多いのが宇佐美の魅力です。

挑戦できることは
たくさんあります。

これからの目標を教えてください。
安心してお店を任せてもらえて、みんなから気軽に相談ごとをしてもらえるような、信頼の厚い店長になっていきたいです。そしてゆくゆくは、SS販売本部で宇佐美がもっと発展できるような企画もして、宇佐美に貢献していくことが目標です。
将来を明確にイメージできなくて悩んでいる学生さんにアドバイスをお願いします。
そうですね。10代や20代前半はいろんなことに挑戦できる選択の幅が広い時期だからこそ、自分の将来の姿を明確に想像するのは難しいことだと思います。
宇佐美は店舗数も顧客数も圧倒的に多く、お客様はもちろん従業員も会社に関わる人を大切にする社風で、社員のことを大切にしてくれている会社だと思います。事業内容も多岐にわたっているので、将来のビジョンが明確でない学生さんでも、頑張ろうという気持ちさえあれば、光るものを見つけてもらえるし、磨いていける環境だと思います。

僕は気づいたら、いい意味で「宇佐美中毒」になっていました(笑)。自信を持って、学生さんに宇佐美を勧められます!

椿さんから、
学生さんへメッセージ

宇佐美は日々の業務のなかで、覚える情報量が多い会社だとは思います。大変だとは思いますが、日々新しいことがあるから飽きずに長く楽しく働けると僕は感じています。うちの会社には、そんないい中毒性があるので、宇佐美にご興味があれば是非ご応募お待ちしています!